プラチナエンド 1巻

story:大場つぐみ art:小畑健

512円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「私が“生きる希望”をあげる」 架橋明日は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う――!?

続きを読む
  • プラチナエンド 全 13 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    プラチナエンド 全 13 巻

    6,677円(税込)
    66pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2016/03/13Posted by ブクログ

    デスノートを「もしも死神がいたら」を描いたものとしたら、プラチナエンドは「もしも天使(生きることを応援する神)がいたら」を描いたものと言えると思いました。

    どちらの作品も全知全能で永遠の命を持つ神が...

    続きを読む
  • 2019/12/20Posted by ブクログ

    小畑健さんと大場つぐみさんのコンビで描く、新しい作品でジャンプスクエアにて連載してる最中、途中から読んだので初めから読みたくなり、読んでみた所、白の矢で刺されると人が死に、逆に赤の矢で刺せば人から好か...

    続きを読む
  • 2020/01/09Posted by ブクログ

    矢に距離なんてあったんだと感じ、更に、頭脳戦になり、あと、殺すとはどういう感じ方なのか?を具現的に表しているかと思います。また、それを見てる人をネットの掲示板では悪い意味で炎上してるのを現実では......

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001610420","price":"512"}]

セーフモード