【最新刊】プラチナエンド 12巻

大人気作『DEATH NOTE』『バクマン。』の大場つぐみと小畑健のタッグが贈る最新作!天使に選ばれた12人の「神候補」たち。そこにある天使の思惑とは!?

プラチナエンド

story:大場つぐみ art:小畑健

512円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「すべてを終わらせてみせます」 突然の狙撃による結糸向の死で終わった神候補同士の話し合い。「神はいない」と語った米田の思想に世界中が次第に賛同し始めた頃、再び話し合いの要請が――。米田とはどのような人物なのか!? そして彼が目指す結末とは!? それぞれの“選択”が交錯する――。

続きを読む
ページ数
205ページ
提供開始日
2020/02/04
連載誌/レーベル
ジャンプSQ.
出版社
集英社
ジャンル
少年マンガ
  • プラチナエンド 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    プラチナエンド 全 12 巻

    6,144円(税込)
    61pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    デスノートを「もしも死神がいたら」を描いたものとしたら、プラチナエンドは「もしも天使(生きることを応援する神)がいたら」を描いたものと言えると思いました。

    どちらの作品も全知全能で永遠の命を持つ神が...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    小畑健さんと大場つぐみさんのコンビで描く、新しい作品でジャンプスクエアにて連載してる最中、途中から読んだので初めから読みたくなり、読んでみた所、白の矢で刺されると人が死に、逆に赤の矢で刺せば人から好か...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    ミスリンコのような猟奇的殺人魔、そして、ただの殺人魔になったメトロポリマン、これらに対抗するという意気込みを持った六階堂さん、この六階堂さんがかなり良いキャラだと感じたのは、赤の矢以外の自衛隊から盗ん...

    続きを読む
開く

セーフモード