マーケット怪奇現象

週刊エコノミスト編集部

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「金融市場が何か「ヘン」だ。社債の新規発行では投資家が殺到して“瞬間蒸発”する一方、日本株では割安なのにバリュー株が見向きもされない。その裏側で、日銀はETFを爆買いし、公的年金を運用するGPIFは大株主として登場する。市場で起きる"怪奇現象”とその裏側を探った。」 本書は週刊エコノミスト2016年9月6日号で掲載された特集「マーケット怪奇現象」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに・怪奇現象(1) 社債市場の異変・夏枯れか嵐の前の静けさか 株が低ボラティリティーの理由・怪奇現象(2) 負け続けるバリュー株・怪奇現象(3) ETF大量買い入れ・マーケットの裏側1 日銀「総括的な検証」の真意・マーケットの裏側2 GPIFが銘柄公表・怪奇現象(4) PER18倍超でも米国株上昇・マーケットの裏側3 大統領選前年の米株価・怪奇現象(5) 金融緩和でも円高・怪奇現象(6) 米国の景気と株価・怪奇現象(7) 金価格の再上昇・マーケットの裏側4 成長モデルの構造変化・怪奇現象(8) J-REIT 賃料上昇なき分配金の増加・歴史は繰り返す 中央銀行マネーが支配する市場 三たび「公的資本」時代に突入【執筆者】桐山友一、種市房子、平川昇二井出真吾、丸山義正、加谷珪一馬淵治好、棚瀬順哉、堀井正孝森田隆大、青木大樹、堀明希子倉都康行、週刊エコノミスト編集部

    続きを読む
    • 週刊エコノミストebooks 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      週刊エコノミストebooks 全 7 巻

      1,980円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード