【最新刊】警視庁抜刀課 (7) 【電子限定おまけ付き】

警視庁抜刀課

7冊

斎藤岬

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

妖しい力を宿し人を操る“憑き刀”を取り締まる警視庁銃刀特別対策課――通称“抜刀課”。刀剣の盗難事件が頻発。盗まれたのは、幕末四大人斬り、中村半次郎・田中新兵衛・岡田以蔵・河上彦斎の愛刀だった。盗まれた“人斬りの刀”を手に、犯人たちは幕末四大人斬りの名を名乗り、高校を襲撃。切通・架光たち抜刀課は、“幕末四大人斬り”と対峙するが!? 電子限定おまけ付き!!

続きを読む
ページ数
159ページ
提供開始日
2019/04/24
連載誌/レーベル
バーズ
  • 警視庁抜刀課 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    警視庁抜刀課 全 7 巻

    4,851円(税込)
    48pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
9
5
1
4
0
3
6
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2018/04/06Posted by ブクログ

    設定は面白いけど絵が上手くない?のか戦闘シーンに迫力がなく、コマ割りもなんだか微妙。年齢的にはベテランぽいのですが。

  • 2017/03/06Posted by ブクログ

    源九郎義経と弁慶&子どもの登場はなかなか良かった。が、やはり全体的に画力が・・・。戦闘シーンも何が起こっているのかよくわからないし、コマ割と視点の切り替えがあまり上手くないので、読んでいてシーンがうま...

    続きを読む
  • 2017/03/05Posted by ブクログ

    舞台化の情報を知ったのでこのマンガを読んでみているんだけど、2巻の段階でも話はまだまだ序盤で、まだ何も始まってないって感じ。最近の舞台は、原作ストーリーが全然進んでない時点でも行われるので、原作の面白...

    続きを読む
開く

セーフモード