行人

著:夏目漱石

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    弟の二郎の目線で兄、一郎の苦悩を描いた作品。大学で学問を教えている一郎。しかし彼には誰にも理解されない苦悩と孤独があった。妻からも家族からも疎まれ、弟には妻と一晩泊ってくれなどと言い出す。偶然にも災難に遭い泊まってしまうが……人間を深く見つめた漱石ならではの名作。夏目漱石、後期三部作の一つ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード