野分

著:夏目漱石

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    白井道也はどこに行っても長くは続かない教師である。東京へ出てきて何とか編集者の仕事をして食いつないでいた。結核の高柳と裕福な中野は学生時代、道也を追い出した教え子たちであった。孤高な理想を持つ道也は貧窮のあまり借金をするが……。後半、道也の迫力の演説に聴衆は圧巻される。見事な大団円に爽快な読後感。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード