【最新刊】新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論

新ゴーマニズム宣言SPECIAL 「個と公」論

著:小林よしのり

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いま考える。「国民である」とは、どういうことか? 小林よしのり『戦争論』が提起した〈個と公〉論争に終止符を打ち、ついに〈公〉の本質をさぐりあてた、超問題作!

    続きを読む
    ページ数
    416ページ
    提供開始日
    2016/01/29
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 新ゴーマニズム宣...2011/01/17Posted by ブクログ

      10年前の本である。
      だが、内容としては、今読んでいても、思考の古さを感じない。むしろ、リアルタイムに感じられる。
      哀しいかな、それぐらい社会意識はまったく成熟していないのだな。

      技術ばっかり進んで...

      続きを読む
    • 新ゴーマニズム宣...2012/10/21Posted by ブクログ

      何がおもしろいか?というと、自説・持論に反論する評論家や学者への明快な回答の連発である。

      権威主義で生きる学者からの、執拗な妬みを伴った攻撃への応酬はすごい。
      小林さんがものすごく勉強しているのはよ...

      続きを読む
    • 新ゴーマニズム宣...2013/05/29Posted by ブクログ

      日本の言論界に巨大な一石を投じた小林氏による『戦争論』に対し言論界・知識人たちからの反応を氏がインタビュー形式を用いて一刀両断するものです。両方の全てを見ているわけではないのでなんともいえません。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード