【最新刊】あの日

あの日
1冊

小保方晴子

1,242円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニマル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突 7想像をはるかに超える反響 8ハシゴは外された 9私の心は正しくなかったのか 10メディアスクラム 11論文撤回 12仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.

    続きを読む
    提供開始日
    2016/01/28
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.4
    98
    5
    11
    4
    31
    3
    46
    2
    8
    1
    2
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/06/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/04/20Posted by ブクログ

      柳美里に選んでもらった本のひとつ。
      こんな風な読了感は久しぶりだと思ったら、柳美里の本を読んだとき以来じゃないかと。途中まで研究への喜びに満ちた文章が続くが、ある日を境に、その日常は急降下してゆく。読...

      続きを読む
    • 2019/04/01Posted by ブクログ

      組織の犠牲になったことは容易に想像できる。
      周りに恵まれなかった。それに尽きる。
      上手くいっているときじゃない、上手くいかなかったときでも周りに居てくれる人。
      この著書は同情できるが言い訳が多すぎた。

    開く