心のままに

片岡義男

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時は過ぎ去るに任せよ、いつでも自分自身であれ ■家族がある。親と子がいる。愛情で結びついてはいるが、縛ってはいない。だからいつしか自然に解けるよりも自ら解き放つほうがいい、と考えてもおかしくはない。親を、環境を選べない子供たちも、大人になっていく。一人ひとりがもっと自由に生きることを始める時、新たな出会いがあり、新たな家族の再編があり、かつて家族が他人に代わったように今度は他人が家族になることもある。サーフィンが、カヌーが、8ミリフィルムが、音楽が、それぞれ色彩豊かなラインを生み出しタペストリーが生み出されていく。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/10/15Posted by ブクログ

      離婚した二組の家族とカヌーが結びつけた人々が夏の数日を1軒のセカンドハウスですごす。8ミリフィルム、カヌーとギターとコーラスなどからなんとなく70年代の青春映画のようなイメージを受ける。特になにが起こ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001608152","price":"275"}]

    セーフモード