九十九眠る しずめ 明治十七年編 明治あやかし討伐伝 4巻

九十九眠る しずめ 明治十七年編 明治あやかし討伐伝 4巻
完結

高田裕三

648円(税込)
ポイント 6pt

時は明治。十七歳の倉橋(くらはし)しずめは、魔を鎮める“護法実”(ごぼうざね)にして警視庁の密偵。“奉白”(ほうはく)を頭とする宗教集団“支天衆”(してんしゅう)が裏で糸を引く怪事件に、相棒の密偵・トラゲンや陰陽師・安倍清女(あべ・きよめ)らと挑む!! 今回、しずめの父・彦文(ひこふみ)の行方を追い、やってきた京都で、しずめは、永き眠りから目覚めた“奉白”に襲われる!! その圧倒的な力の前に、しずめは―――!?

続きを読む
  • 九十九眠る しずめ 明治十七年編 明治あやかし討伐伝 全 4 巻

    未購入巻をまとめて購入

    九十九眠る しずめ 明治十七年編 明治あやかし討伐伝 全 4 巻

    2,592円(税込)

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2009/12/20Posted by ブクログ

    「明治十七年編、堂々完結!」 って、最後の最後で年が改まっただけやがな・・・。 とりあえず謎は深まるばかりで、早く倉橋氏の解説がほしいです。 しずめと清女の関係がいい感じ。

セーフモード