【最新刊】ヨーロッパから民主主義が消える 難民・テロ・甦る国境

ヨーロッパから民主主義が消える 難民・テロ・甦る国境

1冊

著:川口マーン惠美

750円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ギリシャで始まった民主主義をいまドイツが滅ぼそうとしている。ドイツの行動原理を知り尽くした評論家が現地から届ける衝撃レポート。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/01/29
    連載誌/レーベル
    PHP新書

    レビュー

    4
    7
    5
    2
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/22Posted by ブクログ

      理想を追い求めたが、結局欲得、格差が広がり。
      理想と現実の狭間で崩壊しつつあるEU。

      怖いのは、そこから日本が何を学ぶかってこと。

    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      第1章 民主主義の理想を追い求めたヨーロッパ
      第2章 「EUの利益」とはそもそも何なのか
      第3章 ユーロという爆弾を破裂させたギリシャ
      第4章 それでもギリシャを締め上げるドイツ
      第5章 「強すぎるド...

      続きを読む
    • 2017/10/02Posted by ブクログ

      「出口の見えないXX問題」という難問は世界にこれまでもあったし、それでもなんとかやってきた感はあったけど、もうダメ感しかない難民問題について知るために読んでみた一冊。
      受け入れか拒絶かという二項対立で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード