【最新刊】ローウェル骨董店の事件簿 交霊会とソルジャーベア

ローウェル骨董店の事件簿

3冊

著者:椹野道流

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第一次大戦直後のロンドン。骨董店の美貌の店主デューイは、戦死した親友の息子・ケイと暮らしている。心配の種は、ケイが学校でいじめを受けていること。けれど本人の希望により、弟で検死官のデリックと見守るのみ。そんな中、デューイは骨董店の上顧客の頼みで、交霊会に出席する。ある男爵の戦死した息子の霊を呼び出すためだ。しかしウィジャボードを使っての交霊中に男爵が殺されて……。知恵と絆で謎を解く英国ミステリ!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.7
    11
    5
    1
    4
    6
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/06Posted by ブクログ

      椹野道流作品はいつも、主人公がちょっと暑苦しくて、最初足踏みしてしまいます。でもそれに慣れてくると旨味が増すというか、その暑苦しさ込みで感動のスパイスになっている。してやられた感(笑)。
      古い作品に手...

      続きを読む
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      推理ものという意味では相変わらず雑な感じだけれど、戦争に志願するも、反対するも、それぞれの立場ならではの葛藤があること、ケイの虐めとの戦いに共感すると共に、見守る大人たち、共に戦う友人の存在が人間を育...

      続きを読む
    • 2018/03/19Posted by ブクログ

      シリーズ3作目。今回は交霊会で起きた殺人事件と、ケイのイジメ問題。

      事件の結末はあまり後味のいいものではないけれど、お馴染みのメンバーが優しくて良い人ばかりなので重くなりすぎない。
      特にケイ。控えめ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード