【最新刊】ハムレット(新潮文庫)

ハムレット(新潮文庫)

ウィリアム・シェイクスピア/福田恆存/訳

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    城に現われた父王の亡霊から、その死因が叔父の計略によるものであるという事実を告げられたデンマークの王子ハムレットは、固い復讐を誓う。道徳的で内向的な彼は、日夜狂気を装い懐疑の憂悶に悩みつつ、ついに復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる――。恋人の変貌に狂死する美しいオフィーリアとの悲恋を織りこみ、数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作である。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/01/29
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2015/03/12Posted by ブクログ

      つひにハムレット登場。沙翁悲劇の中でも人気の高い一作であります。
      わたくしも、好みでいへばこれが一番でして、まあ完成度からいへば例へば『リア王』などに譲るのかも知れませんが、その突拍子もない復讐劇とか...

      続きを読む
    • 2009/10/31Posted by ブクログ

      なんという悲劇。そして日本語訳は秀逸さ。テンポのよさ。主人公の人物像…どれをとっても一級品だぁ。
      素人だってわかるんだもの。シェイクスピアの悲劇の最高傑作ってすごいわ。

      僕ならどうしただろう。
      実の...

      続きを読む
    • 2005/12/15Posted by ブクログ

      シェイクスピアのハムレットなんていうと、シェイクスピア〜〜?小難しいのはちょっと〜なんて思う人がとても多そうですが、読んでみてそんな事はちっともなかったです。

      なにせ、その時代、ドラマ、映画のような...

      続きを読む
    開く

    セーフモード