【最新刊】夏の夜の夢・あらし(新潮文庫)

夏の夜の夢・あらし(新潮文庫)

1冊

ウィリアム・シェイクスピア/福田恆存/訳

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    妖精の王とその后の喧嘩に巻き込まれ、さらに茶目な小妖精パックが惚れ草を誤用したために、思いがけない食い違いの生じた恋人たち。妖精と人間が展開する詩情豊かな幻想喜劇『夏の夜の夢』。ほかに、奸悪な弟に領地を奪われ、娘ミランダと共に絶海の孤島に漂着したミラノ公プロスペローは、魔法の力を究め弟の船を難破させたが……シェイクスピア最後の傑作『あらし』を収める。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/01/29
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    46
    5
    9
    4
    12
    3
    22
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/25Posted by ブクログ

      物書きの端くれでありながらシェイクスピアを一冊も読んだことがない……いや、ロミオとジュリエットくらいはどこかで読んだ気がしないでもないけど、とにかく「タイトルは聞いたことある」で止まってる作品があまり...

      続きを読む
    • 2019/08/24Posted by ブクログ

      月が見守る晩に。眠りの森の静寂を破る恋人たちと妖精のから騒ぎ。気まぐれな妖精の魔法にかかり、恋人たちの感情は翻弄されて混乱の一途を辿るけれど、移り気な恋心を変わることのない真実の愛がそっと導いてくれる...

      続きを読む
    • 2018/10/02Posted by ブクログ

      「夏の夜の夢」の原題は「A Midsummer Nights Dream」。Mid Summer-Dayは夏至で、MidSummer-Nightsは、その前夜。翻訳された方によれば、日本での題名は通常...

      続きを読む
    開く

    セーフモード