【最新刊】ジュリアス・シーザー(新潮文庫)

ジュリアス・シーザー(新潮文庫)

ウィリアム・シェイクスピア/福田恆存/訳

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “おれはシーザーを愛さぬのではく、ローマを愛したのだ” 高潔な勇将ブルータスは、自らの政治の理想に忠実であろうとして、ローマの専制君主シーザーを元老院大広間で刺殺する。民衆はブルータスに拍手を送ったが、アントニーの民衆を巧みに誘導するブルータス大弾劾演説により形勢は逆転し、ブルータスはローマを追放される……。脈々と現代に生きる政治劇。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/01/29
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2015/01/27Posted by ブクログ

      (2015.01.17読了)(2007.08.25購入)
      「100分de名著」に『ハムレット』が取り上げられたのですが、『ハムレット』は既読なので、この機会にシーザーを読んでしまうことにしました。
      ...

      続きを読む
    • 2014/11/21Posted by ブクログ

      「ブルータス、お前もか」で有名なカエサル暗殺。
      タイトルはジュリアス・シーザーとなっているが、シーザーによる、ブルータスのための劇のように感じる。
      『ハムレット』『マクベス』『オセロ―』『ロミオとジュ...

      続きを読む
    • 2012/03/17Posted by ブクログ

      3月15日。シーザーに占ひ師が「3月15日に気をつけなさい」と忠告した日です。
      本書『ジュリアス・シーザー』は、沙翁作品の中でも地口や無駄話が少ない。結末へ向つてまつしぐら。流線型でカッコいいのであり...

      続きを読む
    開く

    セーフモード