【最新刊】深海カフェ 海底二万哩 4

深海カフェ 海底二万哩

著者:蒼月海里

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校生の来栖倫太郎が、誰にも内緒でこっそり通うようになった店「海底二万哩」。それは池袋サンシャイン水族館の中にあり、そこからは他の水族館や海に関する施設と繋がっている謎のカフェだ。魅力はあるが謎の多い店主・深海(ふかみ)は、店を訪れた客の「心の海」に潜り、失われた宝物を拾い上げるのが本当の仕事だという。倫太郎は卒業後の将来に悩んでいたが、水族館の中で遭遇したダイオウグソクムシ、センジュエビ、ユメナマコたちとのそれぞれのエピソードを経て、海洋生物にかかわる仕事を改めて意識する。迷える現代人に贈る、再生と癒やしの連作短編集、第4弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/22
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 深海カフェ 海底二万哩 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      深海カフェ 海底二万哩 全 4 巻

      2,200円(税込)
      22pt獲得

    レビュー

    • 2019/11/13Posted by ブクログ

      20191113読了。
      一冊丸々、リンちゃんの心の海探検でした。
      大空兄ちゃんとの思い出を、大空兄ちゃんの姿そのものな深海と一緒に思い返しても、怯まず前向きにとらえることの出来たリンちゃんは、とても強...

      続きを読む
    • 2019/08/31Posted by ブクログ

      20190831読了。
      2巻はちょっとハラハラドキドキした!
      リンちゃんがとっても格好良かった。
      深海は本当良いキャラしてて好き。
      セバスチャンにあげたプレゼントとその時の事を詳しく知りたいなぁと思っ...

      続きを読む
    • 2019/07/31Posted by ブクログ

      20190731読了。
      面白かった!外は暑いけど、この小説読んでると海の中の描写が多いから、とても涼やかな気持ちになる。
      メンダコのセバスチャンが出てきてから一気に面白くなった(笑)
      続きが気になりま...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002091847","price":"572"}]

    セーフモード