真田大戦記 四 (上) 真田大助勇躍す

竹中亮

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東西天下逆転の計を成し遂げた真田幸村は、ついに江戸に入城した。しかし、幸村の深謀は尽きない。新豊臣政権を発足させるだけでなく、東に王朝を移転するという大計を計ったのだ。 一方、江戸城落城を知った徳川秀忠は、逆転の機会を虎視眈々と狙っていた。【目次】 前巻までのあらすじ 主な登場人物 第一章 細川忠興の謀略 第二章 加藤一門の死闘 第三章 松山城の攻防 第四章 それぞれの真田 【著者プロフィール】竹中亮(たけなか・りょう) 1961年10月9日、東京に生まれる。早稲田大学卒業後、大手旅行代理店に入社。旅行の企画、広告編集、海外(カナダ)勤務を経て、執筆活動に入る。卒業課題は「日本の帝王学」、日本市場の覇者の後継者に対する帝王学教育を研究する。「真田大戦記」で第5回歴史群像大賞奨励賞を受賞。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード