エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ

30%OFF

荻原規子

792円554円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    パピヨンの姿をした八百万の神・モノクロと暮らして四ヵ月。祖母の家に帰省した美綾は、自身の才能や適性が見出せず、焦燥感を抱いていた。東京へ戻る直前、美綾は神官の娘・門宮弓月の誘いで夜の氷川神社を訪れ、境内で光る蛇のビジョンを見る。それは神気だとモノクロは言う。美綾を「能力者」と認識した「視える」男、飛葉周は彼女につきまとい、仲間になるよう迫る。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    27
    5
    1
    4
    6
    3
    20
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/10Posted by ブクログ

      八百万の神モノクロと女子大生の美綾。夏休みに向かった祖母の家での出会いがストーカーを生む!笑
      モノクロのみならず、不思議な力を持つ人々も現れて騒がしくなってきた。愛里がいい友人で、川森先生が真のイケメ...

      続きを読む
    • 2018/12/15Posted by ブクログ

      ピカチュウは本当にテカになるのか?
      ミニミニ一条(rdg)か?
      とは思うものの、
      学生さん気をつけて、があったり、
      古層は共感できるし、
      好き、好き。(すきずき、じゃないよ)

    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      日本民俗学研究会の面々と神社に行ったり、美綾につきまとう飛葉周によってモノクロが誘拐されたり。一巻のイメージよりも美綾にふわふわした所がなくて地に足が着いたような印象。物語にしっかりとは着いて行けず曖...

      続きを読む
    開く

    セーフモード