【最新刊】素材とデザインの教科書 第3版

素材とデザインの教科書 第3版

編:日経デザイン

3,850円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「素材を生かす極意」が満載。モノづくりのバイブル、さらに内容充実。商品開発者必携のロングセラー、最新版!素材を生かし、売れるモノ作りをするためのノウハウが満載!デザイナー、商品開発者から学生まで必携のベストセラーを大幅拡充!樹脂や金属、木、紙、セラミックスなどあらゆる素材に付いて、その基礎知識から実際の開発事例を通じて、素材の生かし方を解説します。コストをかけずに美しくデザインするコツ、高級ブランドの素材の活用法など幅広い事例を集めました。アップル、ソニー、キヤノン、パナソニックなど、世界を代表するメーカーから地場産業まで、素材を上手に活用したモノ作りの現場を徹底取材しています。最新の3Dプリンター関連の話題も拡充。モノ作りに携わるすべての人に手に取ってほしい本です。【主な内容】・3Dプリンターや切削加工まで、メーカーズ必須の知識が充実・低コストでも美しい。日本が誇る素材加工技術を徹底取材・樹脂や金属、木材、セラミックスなどあらゆる素材の基礎を網羅あのメーカーのデザイン開発現場がこの1冊で分かる・アップルの驚異的な加工技術を探る・ソニー、パナソニック、ライカなど人気メーカーのモノ作り・定番のアルミニウムから注目のマグネシウムまで金属加工の最新動向人気デザイナーに学ぶ、素材の美しい使い方・柴田文江氏が樹脂について、山中俊治氏が金属の「らしさ」を解説日本の技術が実現する驚きの素材を多数紹介・実用化を待つばかりの「暗闇で光る絹」とは?・1人ひとりの耳に合わせて製造するイヤホンに使われる新素材

    続きを読む
    ページ数
    291ページ
    提供開始日
    2016/01/16
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード