妖女のねむり

著:泡坂妻夫

784円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    廃品回収のアルバイト中に見つけた樋口一葉の手になる一枚の反故紙。小説らしき断簡の前後を求めて上諏訪へ向かった真一は、妖しの美女麻芸に出会う。目が合った瞬間、どこかでお会いしましたねと口にした真一が奇妙な既視感に戸惑っていると、麻芸は世にも不思議なことを言う。わたしたちは結ばれることなく死んでいった恋人たちの生まれかわりよ。今度こそ幸せになりましょう。西原牧湖だった過去のわたしは、平吹貢一郎だったあなたを殺してしまったの……。前世をたどる真一と麻芸が解き明かしていく秘められた事実とは。名匠が幻想味あふれる物語に仕掛けた本格ミステリの罠。/解説=松浦正人

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    12
    5
    1
    4
    7
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/02/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/02/17Posted by ブクログ

      夢見心地とはこのことだろう
       輪廻転生によって、運命の再会を果たした真一と麻芸。前世から現世、そして来世へと時は巡っていきます。波乱の展開を経て、様相が大きく変わりますが、夢から醒めることはありません...

      続きを読む
    • 2016/07/09Posted by ブクログ

      導入の樋口一葉の遺稿というフックにまずグッときた。転生についてのタネ明かし、そして思想にとり憑かれたあの登場人物周りの描写が最後カチカチとハマって一つの絵になるような謎解きにグワーってなりました。ラス...

      続きを読む
    開く

    セーフモード