屍者の帝国/NOVA1

伊藤計劃/大森望

110円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    わずか2年の作家期間にもかかわらず、日本SFに巨大な足跡を遺した伊藤計劃(没後、『ハーモニー』で第30回日本SF大賞受賞)、圧巻の絶筆。書き下ろし長編作品の冒頭に相当する。SF界屈指の翻訳者/書評家・大森望の責任編集でお届けするオリジナル日本SFアンソロジー『NOVA1』(全11編)の分冊版。「屍者の帝国」(解説:大森望)に併せて、「序」(大森望)収録。【作品冒頭】 まず、わたしの仕事から説明せねばなるまい。 必要なのは、何をおいてもまず、屍体だ。 薄暗い講堂に入ると、微かに異臭が感ぜられた。思わずウェストコートのポケットからハンカチーフを取り出し鼻を覆う。見当はすぐにつく。これは校舎の臭いではない。ほぼ確実に骸の臭い、屍体の臭いだ。八角形の講堂の中心に置かれているのは解剖台で、その傍らには教授と瓦斯灯、何やら台に乗せた複雑怪奇な機械が付き添っている。わたしは友人のウェイクフィールドと共に講堂へと入ると、教授と解剖台との周囲を八角形に取り巻く席のひとつにつき、続く聴講生全員が講堂に入ってくるのを待った。「あれがそうかな」 解剖台の上に横たわるものを指さしながら、ウェイクフィールドが耳許でささやく。

    続きを読む
    • NOVA1 【分冊版】 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      NOVA1 【分冊版】 全 11 巻

      1,210円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    • 2016/02/08Posted by ブクログ

       気が向いたときだけ買っている『NOVA』である。

       1970年代、「SF」といったら「SM」に間違えられて、という自虐ネタがよくあった。
       では、SFとは何か、というのも昔から問われてきた難問であ...

      続きを読む
    • 2014/09/21Posted by ブクログ

      結構面白かった。メタフィクションが多いのは時代の流れか。以下作品毎に記す。
      『社員たち』
      世紀末ものと寓話を掛け合わせて現代への風刺…てな感じでなんとでも言える。感激はしない。
      『忘却の侵略』
      全く新...

      続きを読む
    • 2011/03/05Posted by ブクログ

      一切のハズレなし。
      田中哲弥から飛浩隆までの、特に牧野修から飛浩隆までのニューウェーブSFの並びは単なるアンソロジーとも言い難い、奇妙な連帯感があって面白い。購入目的だった円城塔も、独立した本であれば...

      続きを読む
    開く

    セーフモード