体が硬い人のためのストレッチ

監修:石井直方 著:荒川裕志

1,100円(税込)
ポイント 11pt

通常ポイント:11pt

大きく開脚したり、美しくカラダを動かしたりするアスリートやダンサーを見て、柔らかいカラダに憧れる方は多いでしょう。カラダが硬い方の多くは、運動不足や加齢などによって、筋肉や関節周辺の構造が硬くなってしまっています。ただし、硬い原因は、そうした肉体的な構造の問題だけではありません。カラダの中心に近く、動かす感覚がつかみにくい“コア”と呼ばれる部分は、意識して動かすことができないために、“硬い”という状態になっていることがあります。本書では、胴体まわりの動かし方を意識するための「コアドリル」と、一般的によく行われる「静的ストレッチ」、勢いをつけてカラダを動かす「動的ストレッチ」の、目的が異なる3つの手法を紹介しています。皆さまの目的、コンディションにあった種目を選び、健康づくりやパフォーマンスの向上などに役立ててください。

続きを読む

レビュー

2.8
5
5
0
4
1
3
3
2
0
1
1
レビュー投稿
  • 2015/05/05Posted by ブクログ

    普通のストレッチのやり方に加えて、特に体の柔軟性が低い、体が硬い人向けのメニューも別に載せている。

    とにかくストレッチは継続的に行うこと、それに尽きるとは思うが、体が硬い人向けのプログラムが載ってい...

    続きを読む
  • 2014/02/10Posted by ブクログ

    目的別のトレーニングメニューが書いてあるので初心者でも取り組みやすくなっている。
    現在も継続してストレッチを継続中。

  • 2012/08/11Posted by ブクログ

    体が硬い私には、タイトルに興味がわき手にしました。
    体幹、肩甲骨、股関節が重要なポイントであることは、図解(写真)でわかりやすく伝わりました。

    問題は、図解通りに、自分の身体が動かせているかどうかで...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード