斎藤道三 信長が畏れた戦国の梟雄

著:高橋和島

569円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「こやつの頭の回転の速さはどうだ。それに、この尋常でない腹の据わりようは……大たわけどころか、きっと何かをやりおるぞ」道三はいち早く娘婿・信長の器量を見抜いていた――。一介の油売りから、度胸と才覚だけで美濃一国を支配するまでになった斎藤道三。蝮(まむし)と呼ばれ畏怖された戦国武将を、これまでにない解釈と練達の筆でよみがえらせた傑作歴史小説。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2008/09/03Posted by ブクログ

      下克上のはしりの一人といわれる梟雄・斎藤道三の本。最近では道三親子二代説などが出ていますが、こちらは従来のオーソドックスな道三像で展開。欲望丸出しではなく、清々しい感じがちょっと物足りないですが、なか...

      続きを読む

    セーフモード