生きにくい・・・ 私は哲学病。

著者:中島義道

506円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    どうせ死んでしまうのに、なぜ今死んではいけないのか? 愚直なほどに真面目な質問に、真摯に向き合い、徹底的に考え抜いてゆく、中島哲学の恰好の入門書。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    6
    5
    1
    4
    0
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/04/16Posted by ブクログ

      いつから読み始めたのか、定かではないが兎に角ずいぶん長い間持ち歩いていた。途中放置していた時期もあり、当然最初の方は思い出せない。かといって、読み返す気にもならないのだけれど。
      それはさておき、ありの...

      続きを読む
    • 2012/03/04Posted by ブクログ

      うわっ。こんなこと考えてたら確かに「生きにくい…」かも。そして、この本を読んでこんな考え方を教えられたわたしもきっと生きにくくなるね。やっぱり、エスカレーターの黄色い線の外側に乗るのは不可能だと思う。

    • 2011/01/14Posted by ブクログ

      本の中身に100%同意したとか、完全に理解できたとかそういうのではない。
      中島義道がこの中で述べている「哲学病」、ないし死に対する感覚に大変共感したのだ。
      共感というのもちょっと違っていて、少し傲慢な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード