新人だった!

著者:原田宗典

453円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

大学五年の春、原田青年は困っていた。父親の借金で実家は崩壊寸前。生活費を稼ぐために働かなくてはならず、小説家になりたくとも修業する時間もない。「コピーライターは儲かる」という友人の言葉に触発され、第一線のコピーライター事務所でアルバイトを始めるが……。次から次へと訪れる困難と、襲いかかるパニックに耐えられるか!? 爆笑、赤面の一年間がセキララに描かれた、恥ずかしくも愛おしい青春エッセイ!

続きを読む

レビュー

3.8
13
5
2
4
7
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2013/02/13Posted by ブクログ

    やっぱりおもしろい。気楽に読めて、笑えて、ホッコリ出来て、何故か向上心まで生まれる。素敵な一冊です。
    原田宗典熱再炎の予感\(^∀^)/

  • 2012/03/24Posted by ブクログ

    またまた友人オススメの本。
    嬉しいかぎり。

    「赤裸々に語る」って宣伝文句は、
    私には、あまり興味を引く
    キャッチフレーズではないのですが、

    この本は、確かにそういう作者の
    身を削って、書いてくれて...

    続きを読む
  • 2011/11/03Posted by ブクログ

    この作家のエッセイからは人の良さがにじみ出てるな~。これだけ自分のかっこ悪さをおもしろおかしく書けるのはすごいなぁと思います。

    似たような業界を目指している自分にとって何か糧になるかな?と思って読ん...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード