ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた最新宇宙10 2014年公開の画像から厳選した10天体

著:岡本典明

129円(税込)
ポイント 1pt

通常ポイント:1pt

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。打ち上げから25年のハッブル宇宙望遠鏡。約570キロメートル上空から宇宙を観測する宇宙望遠鏡は、今もなおすばらしい画像を私たちに届けてくれています。この電子書籍では、2014年に発表された10の天体の最新画像を紹介しています(一部は2015年発表のものです)。 【掲載画像】 ▼わし星雲(M16)~ 「創造の柱」ともよばれる領域を20年の時を経て新装置で再び撮影 ▼アンドロメダ銀河~ 天の川銀河系の隣人を、これまでになく鮮明に撮影 ▼パンドラ銀河団~ 銀河団の重力レンズ効果ではるか遠い銀河を発見 ▼ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド2014~ 深宇宙画像の最新版 ▼木星の大赤斑~ 徐々に小さくなる木星のシンボル ▼銀河団MACS J1720+35~ 重力レンズでとらえた遠方の超新星爆発 ▼NGC2174~ 星が生まれつつある現場のクローズアップ ▼ESO 137-001~ガスをたなびかせながら高速移動する渦巻銀河 ▼タランチュラ星雲~ 大マゼラン銀河にある毒蜘蛛星雲 ▼M83~ 南天の回転花火銀河

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード