永久のように長く一瞬のように短いものだとしても

著:二丹菜刹那 イラスト:タリーズ 編集:小桜店子

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    『澪標文庫』第一弾二丹菜刹那作品集『永久のように長く、一瞬のように短いものだとしても』「この短編小説集は電子雑誌『澪標』に掲載されていたものに書き下ろしを一作、学内で発表していたもの一作を加え、ひとつにまとめたものです」(あとがき:二丹菜刹那)【掲載作品】『白雪に重ねたさよならを拾えば。』(新作読み切り)どうして君みたいな人があきらめようとするんだ?『優しく響いては消えていく』(初出:別冊澪標 七夕号)宝石を散りばめたみたいな夜空が広がっていた。『借り物と自慰のなれの果て』(初出:澪標 2015年04月号)僕は思う。――人間である前に作家であれ。『184と沈黙チョコレート』(初出:澪標 2015年06月号)今日もわたしは無言電話をする。『淋しさを泳ぐ恋の麻薬中毒者は』(学内発表作品)彼はそのときほんとうの笑顔を見せた気がした。『その身に溶けた、不可触な愛』(初出:澪標 2015年09月号)滅びが濃縮され、輝いていると感じた。『腐りきった海より。宝石を握りしめて。』(初出:澪標 2015年08月号)棄てたんだ。きっとそれは宝物のはずだったのに。『永遠はレイニーモーメント』(初出:澪標 2015年07月号)今この瞬間、僕が奏でる音楽は、ほんものの音楽になっている。表紙イラスト:タリーズ(澪標 2015年07月号 表紙イラスト担当)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード