イタリア紀行(上)

著:ゲーテ 訳:高木久雄

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    政治顧問官、貴族、大臣としてヴァイマルで華々しく活躍するゲーテは、一方で芸術家としては沈滞していた。行き詰まりを打開し、新しく生まれ変わろうとしてゲーテは密かに憧憬(あこがれ)の国イタリアへ脱出する。南欧の自然に陶酔し、生命の充溢を求めるゲーテの心象がヴェネツィア、ローマ、ナポリ、シチリアの美しい風物に託して語られる。ドイツ語版からの当時の珍しい銅版画も収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード