フランス産エリートはなぜ凄いのか

著:橘木俊詔

885円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

なぜ哲学が重視されるのか?原発大国をつくった理工系エリートの実力は? ――ナポレオンがつくったポリテクニクや、東大法学部を凌ぐ官僚養成校ENAなど「世界最強のエリート養成機関」の実態に迫る。『21世紀の資本』のピケティや、カリスマ経営者ゴーンを生み出す秘密とは?

続きを読む

レビュー

2
3
5
0
4
0
3
0
2
3
1
0
レビュー投稿
  • 2016/07/11Posted by ブクログ

    何を言いたいのかよく分からない本だった。何で読もうと思ったのか忘れているのが原因かとは思いつつ。端々でへぇというのはあったのだけど。

  • 2016/06/08Posted by ブクログ

    仕事の諸々からヨーロッパの人々について興味を抱いていたところ、本屋で見つけた1冊。

    私の頭に残ったのは“エリート” “コンクール” “哲学”の3ワード。教育って国として何に重きを置いてるかが如実に表...

    続きを読む
  • 2016/01/14Posted by ブクログ

    グランゼコール。数学、哲学、物理学に重点を置くリベラルアーツ教育が実践されている場。フランスにおいて大学卒はエリートではなく、3つの学校の出身者が本当のエリート。エコール・ノルマル、ポリテクニク、そし...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード