教えて! 校長先生 渋谷教育学園はなぜ共学トップになれたのか

著:田村哲夫

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    新設校から全国屈指の進学校へと急成長した「渋幕」。女子校を共学化する学校改革に成功した「渋渋」。東大合格者数を急増させた両校のメソッドを校長が明かす。他方、受験勉強だけに特化せず、海外大学進学など、いち早くグローバル化に対応した学校運営や、自由な校風の下で個性を開花させる在校生・出身者たちの素顔を紹介する。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/05Posted by ブクログ

      題名を見ると単なる受験本のようであるが、特に本の後半からは大人向けの教養本として十分価値があるものとなっている。部外者であるが、田村校長の校長講話は是非聞いてみたくなった。DVD等で販売すれば人気にな...

      続きを読む
    • 2017/02/15Posted by ブクログ

      ・Liberty の訳の語源が「自由自在」となったことから本来の持つ意味が誤って理解されるようになった。Libertyとはもとは自己決定、自分で決めることができる、自己選択が本来の意味。

      ・修学旅行...

      続きを読む
    • 2016/08/16Posted by ブクログ

      千葉県に住んでいれば、「渋幕」の意味がわからない人はいないでしょう。
      「進んだ」高校がどうして実績を伸ばしていけたのかがよくわかります。

      そしてそれは同時に、「いままでに成功したやり方」であることも...

      続きを読む

    セーフモード