銀河系惑星学の挑戦 地球外生命の可能性をさぐる

松井孝典(著)

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天文学の最先端が、SFの世界観に近づいてきた!1995年の系外惑星(太陽系の外の惑星)発見以降、惑星学のフィールドは太陽系から銀河系へとドラスティックに変化し続けている。太陽系と系外惑星の異なる点や、惑星や惑星系の生まれ方といった基本的知識から、系外惑星探査の最前線まで、惑星科学分野の泰斗である著者が易しく網羅的に描く、驚きと興奮に満ちた一冊。[内容]はじめに──惑星の謎を解けば宇宙がわかる第1章 SFに追いついた天文学──惑星探査の現状第2章 人と惑星──コペルニクス的転換が起こるまで第3章 太陽系の誕生第4章 惑星系はこうして生まれる第5章 惑星の新しい定義とは第6章 銀河系惑星学を拓いた二大発見第7章 生命を宿す星はあるのかおわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      よくある話しかと思いきや、様々な興味深い脇道を通って、生命探索への途を指し示す。講演を元にしただけあって、かなり読みやすい。惑星学が惑星科学に。そして銀河系惑星学へとパラダイム転換を遂げる過程に知的な...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      宇宙の本はいつ読んでも「なんでそんなことがわかるの?」という驚きばかり。本書も例に漏れず。おもしろい。

    [{"item_id":"A001603322","price":"770"}]

    セーフモード