NHK ニッポン戦後サブカルチャー史

宮沢章夫(編著)/NHK「ニッポン戦後サブカルチャー史」制作班(編著)

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    気鋭の劇作家がサブカルチャーの命脈をひも解く大島渚、ラジオの深夜放送、YMO、岡崎京子…。各時代を象徴する表現に共通していたものはいったい何だったのか。戦後70年を10年ごとに区切り、映画・音楽・漫画などジャンルを横断しながら読み解いていく。巻末には「サブカルチャー詳細年表」を収載。Eテレ『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。[内容]サブカルチャーは選択科目か、自由研究か?目次序 章 サブカルチャーとは何か第一章 五〇年代にサブカルチャーの萌芽を見る第二章 六〇年代の表現者たち 大島渚、新宿、『カムイ伝』第三章 極私的、七〇年代雑誌・音楽変遷史第四章 セゾンとYMOで八〇年代を語る第五章 「サブカル」の出現と岡崎京子第六章 それぞれのサブカルチャー愛と幻想の「不思議の国」の物語ニッポン戦後サブカルチャー史関連年 サブカルチャーの履歴書 1945-2014主要参考文献

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード