涙がかれるまで

タラ・T・クイン 翻訳:渡辺千穂子

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    少女は必死に願った。誰よりも、ただ一人の幸せを。話題をさらった不朽の感涙作が、ついに文庫化で復刻。 16歳のジェニファーは生まれたばかりのわが子を抱き寄せた。それは別れの前に許された数十秒のふれあい。相手の青年に裏切られ、両親に見放され、養子に出す以外道は残されていない。そのとき誓ったのだ――自分の幸せは望まないから、この子を幸せにしてください、と。12年後、ジェニファーは恋愛もせず、一心不乱に仕事に打ち込んでいた。そんな折、友人の個展で出会ったのが、優しい目をした広告代理店経営者ブライアン。あの誓いを立てて以来初めてジェニファーの心はときめくが、彼が近づいてきたのにはある理由があった。 ■知る人ぞ知る名作が、ついに文庫化で復刻! 16歳で幸せを諦めたヒロインに起きた、12年後の奇跡。思わず涙腺を刺激される1作です。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/01/05Posted by ブクログ

      図書館の本 読了

      内容(「BOOK」データベースより)
      16歳のジェニファーは生まれたばかりのわが子を抱き寄せた。それは別れの前に許された数十秒のふれあい。相手の青年に裏切られ、両親に見放され、養子...

      続きを読む
    • 2016/08/08Posted by ブクログ

      預かった娘の母を探す過程でヒロインと恋に落ちてしまうロマは、90年代のハーレクインでは結構な数がある。
      こちらの作品は、少々優柔不断なダーリンが物足りなくもあるが、傷付いた愛する姪と、惹かれ始めた女性...

      続きを読む

    セーフモード