ボスが授けた宝物

キャサリン・マン 翻訳:北岡みなみ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    彼にどう告げればいいの? あの一夜が授けた命のことを―― エイミーは従兄の婚約パーティで、ハンサムな黒髪の男性と出会った。彼のまなざしの魔力にとらわれ、その夜のうちに情熱を交わしたが、直後に衝撃の事実を知る。彼の名はプレストン・アームストロング。なんとCEOに着任したばかりの上司だったのだ。部下としての距離を保っていたある日、プレストンの子を身ごもったことに気づいたエイミー。さらにタイミングの悪いことに、彼に出張への同行を命じられてしまった。目が合うだけで体が熱くなる相手と昼も夜も一緒に過ごすなんて。ああ、いったいどうすればいいの? ■一夜の恋人が新しい上司――そのうえ妊娠?! ボスとのスリリングな出張中、勇気を出して赤ちゃんを身ごもったと告白したヒロイン。けれど、彼の反応は信じ難いもので……。『野の花を愛した大富豪』、『七日間だけのシンデレラ』に続く関連最終話です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード