ポテトとスーパー (2) 盗作・高校殺人事件

著:辻真先

589円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

新宿駅の九番線ホームで電車を待っていた牧薩次のうしろで鈍い爆音とともに売店から黒煙が上がった。パニック状態に陥った群衆は階段に殺到し、折り重なって転落した。死者九名、重軽傷者六十一名の大惨事であった。病院に担ぎ込まれた薩次は同室の若い被害者二人と意気投合し、その中の一人、三原恭助の実家、鬼鍬温泉に、それぞれカップルで出かけることになった。だが、そこで密室殺人事件に巻き込まれることになる……! 『仮題・中学殺人事件』に引き続き、今度は「作者は、被害者です。作者は、犯人です。作者は、探偵です。この作品は、そんな推理小説です」と、自信満々、作者が仕掛ける超ミステリ。スーパーとポテト・コンビの名推理が冴える第2弾!/解説=はやみねかおる

続きを読む

レビュー

3.2
8
5
1
4
2
3
3
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2018/04/10Posted by ブクログ

    「作者が被害者で、犯人で、探偵」というのは、前作と同様に叙述トリックで、折原一なら何らかの手がかりを文中に残すと思う。本作は、それがないので、タネを明かされても、開き直っているように感じる(爽快感がな...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2016/11/27Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ
    2014/01/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード