さらば、佳き日2

著者:茜田千

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

ある地方都市に“新婚夫婦”として引っ越してきた、広瀬桂一と広瀬晃。ごく平凡な睦まじい夫婦のふたりは、彼らが生まれた街では「兄」と「妹」だった――。そんな“夫婦”の「これまで」を描いた、オムニバスストーリー第2巻。

続きを読む
  • さらば、佳き日 全 5 巻

    未購入巻をまとめて購入

    さらば、佳き日 全 5 巻

    3,510円(税込)
    35pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/11/06Posted by ブクログ

    過ぎ去ったものを後から思い起こして作られた作品っていうのは、なんでか美しくて切ない。

    キラキラしてたり、苦しかったり、甘酸っぱかったり。
    そんな瞬間がもう不変の、完結されたものとして切り取られるから...

    続きを読む
  • 2016/03/25Posted by ブクログ

    最初こそは晃の想いの方が大きいのかと思ったけど実は桂一の方が晃に入れ込んでいた、という感じ。どこまでももどかしい・・・・

  • 2016/03/21Posted by ブクログ

    兄妹のもどかしい想いに今回も心がヒリヒリ痛みました。
    桂ちゃんもようやく思いをハッキリ自覚しましたが、良い方向に進むわけにいかないのが辛い。
    淡々と物語は進んでいきますが、細かい表情に光を感じられて息...

    続きを読む

セーフモード