間違いだらけのビジネス戦略

山田修

1,535円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

2014年から日本マクドナルドHD社の業績は、絶不調です。一方、モスフード社(モスバーガー)が好調だと言われてきたのですが、そうではありません。敵失につけいることができないばかりか、20年間まったくといって成長できていません。ヤマダ電機の「成長限界」について、私は2014年末に指摘していました。15年に入ると、はたして「大量閉店」という大きな動きが出ました。一方では、ヨドバシカメラがネット通販でアマゾンに肉薄する勢い、群を抜く好調はなぜでしょう。スカイマーク、ソニー、シャープなど、「男を下げた経営者」が見られたかと思うと、日本電産の永守重信社長や古森重隆富士フイルム会長など、「うっとりするような」名経営者もいます。トヨタやセブン&アイは上手くすると次の大発展に進む戦略的岐路に達しています。選んだ道は、果たして大発展に通じているのか。出店数を7倍にしたヤフーに対して、楽天が繰り出した対抗策は評価できません。これらのように有名企業と言えども、戦略をひとつ間違えるとたちまち窮地に陥る時代です。本書は、今年話題になったビジネスシーンにおける様々な事象を、「戦略的観点」から分析し、その戦略への提言をまとめたものです。ビジネスシーンのリアルな出来事から失敗や成功の要因を探ることで、戦略的視点が磨かれ、あなたの会社のビジネスに活きてくるでしょう。CHAPTER1 戦い終わり日が暮れて CHAPTER2 戦略を誤ると名門企業も崖っぷち CHAPTER3 今年のワースト経営者は誰だ? CHAPTER4 プロ経営者がブーム? 企業文化を根こそぎにする猛者たち CHAPTER5 卓越した戦略経営者に学ぶ CHAPTER6 吉か凶か、繰り出した戦略大技はどう着地する? CHAPTER7 変わるビジネス環境、生き残り勝ち上がれ

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード