ふかいことをおもしろく 創作の原点

著:井上ひさし

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    各界一流のプロの半生をインタビューで解き明かす人物ドキュメント、NHKBSで放送中の番組「100年インタビュー」の単行本化第2弾。今回は、日本を代表する作家・劇作家で、昨年(2010年)4月9日に肺がんのため亡くなった井上ひさしさんのインタビューをもとにまとめた。5歳で父と死別、児童養護施設に預けられ、施設から高校に通学。上智大学に進学したが、東北なまりの悩みから吃音になり、釜石で働いていた母の元へ。製鉄所や漁業で沸く釜石は、母がいて、劇場もあって居心地がよかったと懐かしむ。たくましく働く母のつてで、図書館でアルバイトしたことがきっかけで文学のよさに気づき、作家を志して再び上京。浅草の劇場のコントを書いたり、ドラマの脚本の懸賞で稼いで大学の寮費をまかなった。その後、小説・戯曲で活躍し、1984年に劇団「こまつ座」を旗揚げする。創作の原点と若い世代に伝えたいことを、ユーモアいっぱいに語る。

    続きを読む

    レビュー

    4
    10
    5
    3
    4
    5
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/28Posted by ブクログ

      練って練って、これじゃ駄目、あれも駄目、これも駄目と、何度も何度もやってはじめて出てくるもの。
      それは「悪魔が来る」時間。
      筆が遅いことで有名で、「遅筆堂文庫」まで作ってしまった井上ひさし氏の創作の秘...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/04/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2013/08/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード