夢うばわれても 拉致と人生

著:蓮池薫

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    NHKBSで放送中の人物ドキュメント番組「100年インタビュー」で語られた、拉致被害者であり、現在翻訳家・新潟産業大学専任講師として活躍する蓮池薫さんの言葉を単行本化したもの。大学3年の夏休み、帰省中の柏崎の海岸で、突然拉致という国家的な犯罪に巻き込まれた。本書の語りは、その現場から始まる。拉致の瞬間の様子から、沖に向かうボートから見えた柏崎の夜景。船酔いしながらたどりついた北朝鮮で感じた絶望感。その後、言葉を勉強することを決意。招待所とはいえ、極寒のなか、乏しい食料と燃料に苦しい生活をしいられた。しかし、キムチづくりの苦労や日本食が恋しくて手作りした納豆で腹痛を起こしたことなどを笑い話として懐かしく語る。一時帰国が決まったときの葛藤、帰国後、自活をするために挑戦した翻訳家への道など、蓮池さんの不屈の心が伝わります。いまだ解決しない拉致問題を、忘れないでほしいと願いをこめて発刊します。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    6
    5
    0
    4
    5
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/27Posted by ブクログ

      蓮池薫氏「夢うばわれても」、2011.10発行。北朝鮮という国家による犯罪の犠牲者、大変な苦労、そして心からの叫びがあることでしょう!まだ未解決な北朝鮮による拉致問題、日本国政府、国民の生命と財産を守...

      続きを読む
    • 2016/08/19Posted by ブクログ

      蓮池薫さんの講演会があったことで、参加は出来なかったけれど、興味深くなり読んでみた一冊。

      どんな環境に置かれたとしても、必死で生きる術を身につけて生きておられた北朝鮮での暮らしが分かります。

      拉致...

      続きを読む
    • 2015/02/05Posted by ブクログ

      国家犯罪による拉致によって希望を奪われながらも、言葉の通じない国、風習も環境もまったくちがう場所で、国家による監視、敵国扱いにされる民族という微妙な立場があるなか、いかにして希望を見出して生きていくか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード