夏糖

701円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    会社に解雇され、橋の上で意気消沈していた純清は自殺と間違えられ、森に声をかけられる。森の家に招待され、夕飯までご馳走になった。その後、手伝いという名目で物書きの森の家に通うようになった純清は、森が折々に見せる優しさに惹かれ始め…。穏やかなタッチの中に色気を感じる、ゆるやかなオトナ恋愛物語。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード