ビッグボーイの生涯

城山三郎

540円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

昇ほど「休戦の価値」「休戦の美学」を知った男は少なかったのではないでしょうか。彼は人生に四期ありとしましたが、大いに休んだおかげで、人生を四倍に生きたともいえます。そこには、「人生四倍、休戦の哲学」とでも呼ぶべきものがあったと思います(「あとがき」より)。 大きく休み、大きく生きた男の人生評伝。(講談社文庫)

続きを読む

レビュー

3.7
7
5
1
4
3
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/04/05Posted by ブクログ

    二世のグールプ会社の会長となり、様々な毀誉褒貶があったにもかかわらず奔走した一人の人間として学ぶ物が多い作品だった。

  • 2013/07/06Posted by ブクログ

    東急グループを大飛躍させた二代目、五島昇の評伝です。
    家の隣に東急電鉄の本社が在ります。大グループの本丸にしては控え目な建物です。
    昼時出てくる社員達、皆感じ良い。社風なんだろう。
    そうだ、エントラン...

    続きを読む
  • 2013/02/05Posted by ブクログ

    一番大事なことは相談せずに自分で決める。
    偉大な父親の幻影に覆われた状況でのそれはよほど孤独で難儀なことだろう。
    しかし著者の文体によるものなのかもしれないが、この溌剌とした決断力にあふれた人物に孤独...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード