空白の起点

笹沢左保

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    大阪出張の帰途にあった小梶鮎子は、真鶴の海岸付近で男が崖から突き落されるのを車中から目撃した。墜落死した男は目撃者の父親、小梶美智雄であったという驚くべき事実が後日判明する。鮎子はまったく偶然に父親の死を目撃したのか。被害者は多額の生命保険に加入していた。異常な死の背後を追及する本格推理。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード