【最新刊】食べる野草図鑑

食べる野草図鑑

1冊

著:岡田恭子

1,123円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書は、野草の図鑑としてもレシピ本と しても使える1冊です。とりあげている野草は、タンポポやツクシ、オオバコやヨメナ、ナズナなど、都会でも採取できる身近なものばかり。◎いつ摘める?◎どこで摘める?◎摘み方は?と、野草初心者でもわかるように丁寧に解説している点も特徴です。さらに、メニュー数も105品! と充実。

    続きを読む
    ページ数
    131ページ
    提供開始日
    2016/01/08

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/01/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/07/20Posted by ブクログ

      食べられる野草のレシピ集。

      「図鑑」というほど植物について詳しく書かれているわけではなく、また「レシピ」というほど多くの料理法が書かれているわけでもない。
      そのため、どちらの用途においても中途半端で...

      続きを読む
    • 2014/04/30Posted by ブクログ

       レンゲソウとナズナの花のスパゲッティ、ハコベの押し麦コロッケ、タンポポの葉とタネツケバナのサラダピッツァ、ヨモギスコーン…。「野草を食べて体を目覚めさせる季節…」と書かれた春の章には摘み草のレシピが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード