メモの技術

著:坂戸健司

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「メモを残す」という些細なことが、ビジネスや生き方をスムーズに進めます。「こんなときには、こういうメモをとる」と、いくつかのシーンを想定してメモの方法を説明。もちろんメモをとることを「継続」させ、後で「活用」するための簡単な工夫が本書には満載です。あなたもメモの達人になって下さい。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/10/08Posted by ブクログ

      02年版の少し古い書籍。メモを取る、なぜその行為が大事なのかを記す。自分もメモをする方ではある部類とは思うが、この書籍に書いてある「メモを振り返る」部分は出来ていなかった。新社会人に読んでもらいたい内...

      続きを読む
    • 2014/05/10Posted by ブクログ

       正岡子規の言葉に、「金持ちが一銭五厘を無駄にしないように、俳人が俳句をつくるとき、良句もできるが駄句もできる。その駄句を大事にしないで良句ができるはずがない」というのがあるのだそうだ。「失敗は成功の...

      続きを読む
    • 2012/09/02Posted by ブクログ

      メモの取り方について解説している本である。以下、ポイントを記載しておく。

      ・きちんと書こうとしないことも重要
      ・書きながら重要事項をチェック
      ・メモするための時間を強引に作る
      ・メモの基本は箇条書き...

      続きを読む
    開く

    セーフモード