プロレス激活字シリーズvol.4 ブッカーKが見た激動の時代 UWF、そしてPRIDEの崩壊

川崎浩市

1,209円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

1964年、福岡県生まれ。元プロレス・格闘ブッカー。技大学卒業後、サラリーマンを経て、新生UWFに営業部員として入社。UWF退社後は、プロフェッショナルレスリング藤原組、リングスにスタッフとして参加。その後、ブッカーとして独立。PRIDEやK-1、などに外国人選手を招聘した。現在は投資用不動産ブッカー。新生UWF・藤原組・リングス・PRIDE……その誕生と崩壊を至近距離で目撃!U系プロレスから総合格闘技への変遷を舞台裏から見た男の回想録総合格闘技がプロレスを飲み込もうとした時代その水面下での駆け引きが明らかに!著者は、裏方でありながら “ブッカーK” と呼ばれ、ファンから広く知られる存在。新生UWF崩壊後、その後の格闘技ブームへとつながっていく流れのなかで、裏方だからこそ知り得た事実がある! 未曽有のブームから、PRIDE崩壊を経て訪れた格闘技ブームの凋落。その華やかな舞台が輝きを失っていく過程を見た男がブーム崩壊を回想する。第1章 新生UWFの顛末第2章 藤原組という選択第3章 リングスとの別離第4章 PRIDEの終焉第5章 格闘技バブルの崩壊

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード