ビジネス思考実験 「何が起きるか?」を見通すための経営学100命題

著:根来龍之

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仮説の精度を高めるための基本を徹底解説。ビジネスの思考実験には、重要なポイントが3つあります。<1>どんな問いを発するか?<2>どうやって推論するか?<3>どのようにモデル化するか?そのために経営学をどう使えばいいかを知ってもらうことが本書の目的です。経営学の理論を実践に役立てるための最良の入門書。ビジネスモデル創造のチェックポイントを「100の命題」に整理。定番の理論を踏まえながら、私のオリジナル理論も交えて、100の命題を提示します。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    8
    5
    2
    4
    3
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/24Posted by ブクログ

      早稲田ビジネススクールの根来さんの最新の著作。後半より前半がこの本の肝だと思う。経営学という学問とビジネススクールの学生の興味の乖離は、ビジネススクールで教える「理論」とは何かを学生にしっかり教えてい...

      続きを読む
    • 2016/05/06Posted by ブクログ

      WBS根来先生の本。ベースは前半が「経営学研究法」で後半が「ビジネスモデル研究」。ポイントは「ビジネスモデルは価値と隔離の二元論」であるという考え方。ビジネスモデルを学びたい人にはお勧め。

    • 2016/03/22Posted by ブクログ

      早稲田大学根来教授の著書。同期が紹介してくれて琴線に触れたので読んでみた。フレームワークや理論を実務で使えるためのヒントが分かりやすく詳細に書かれている。

      まず、今の自分の置かれた状況における「答え...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001601531","price":"2200"}]

    セーフモード