一老政治家の回想

古島一雄 著

1,080円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

新聞『日本』の記者として活躍、犬養毅の知遇を得て政界入り、大正デモクラシー真っ只中にあって犬養を支え、政党政治確立に尽力する。やがて二大政党制の欠陥が露わとなるなか犬養は兇弾に倒れ、政党政治は終焉を迎える……。議会政治の裏側を知り尽くした傲骨の政治家の証言。 〈解説〉筒井清忠

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード