もう神の手はいらない? がん最前線

臼井真粧美/宮原啓彰

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    がんの三大療法である「薬物治療」「手術」「放射線治療」が変貌している。より長く生き続けられる「がん免疫治療薬」に期待が集まり、手術支援ロボット「ダビンチ」に人気が殺到。新しい放射線治療である「重粒子線治療」は日本が先頭を走る。製薬から電機、ベンチャーまで変化を起こすプレーヤーを軸に、がん三大療法の最前線に迫った。『週刊ダイヤモンド』(2015年4月18日号)の第1特集を電子化しました。雑誌のほかのコンテンツは含まれず、特集だけを電子化したためお求めやすい価格となっています。*本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード