やってはいけないウォーキング

青柳幸利

864円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

世界初! 5000人、10年以上の追跡調査だからわかった本当に身体にいい「ウォーキング」とはNHK「あさイチ」「おはよう日本」「ためしてガッテン」で紹介され、話題騒然!!世界から注目を浴びる「奇跡の研究」が明らかにした「歩き方の黄金律」・「日本人の3人に1人が寝たきり」になる時代。健康のために、「ウォーキング」を始める人は4000万人いるといわれている。しかし、これまで「体によい」とされてきた歩き方の常識が、実は病気の引き金を引くものだったとしたら……著者は、東京都健康長寿医療センター研究所の医学博士が、15年以上かけて導き出した、医学的エビデンスをもとにした、「健康に効く歩き方」をまとめた1冊である。著者は、群馬県中之条町の65歳以上5000人を対象に24時間、365日の活動を追跡調査。一日、1万歩以上歩いているのに、病気になる人を大勢見てきた。□朝のウォークで脳卒中に□犬の散歩でうつ病に□毎日、一万歩歩いて、骨粗しょう症に健康に効く歩き方とは「歩数」だけではない。これまでの「一日一万歩」を捨てて、もう一つの基準を取り入れようと提唱した。それが、強度の視点である。世界中から「奇跡の研究」と呼ばれ、NHK「おはようニッポン」「あさイチ」でも特集。研究結果をもとにした健康法「メッツ健康法」は、各自治体(奈良県、和歌山県、群馬県、神戸市、横浜市など多数)に導入されたほか、大手企業の健康保険組合、警察庁などにも健康づくりの指標として取り入れられた。本書では、これまでの間違った常識を指摘し、「がん」「認知症」「高血圧」「メタボ」に効く歩き方を紹介する。普段から歩いている人はもちろん、健康で長生きしたいと願うすべての人に手に取ってもらいたい一冊。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード