自分の「ものさし」で生きなさい 人を愛し、自分を愛するための処方箋

著:村木厚子 著:酒井雄哉

1,512円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

超人的な千日回峰行を2回も満行した酒井雄哉さん。「何をやってもうまくいかなくて、奥さんも亡くしちゃった。40歳で比叡山に登るまではどん底だった」という地道にキャリアを積み、2人の子どもを育ててきた村木厚子さん。突然、郵便不正事件に巻き込まれ、身に覚えのない罪で逮捕・拘留された大きな困難にぶち当たった時一つ一つ乗り越えてきた2人の言葉だからこそ、深く心に響く。「ないものを嘆くのはムダ」「生かされていることを感謝して生きなさい」悩めるすべての女性に贈る対談集

続きを読む

レビュー

5
3
5
3
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/03Posted by ブクログ

    やばい。

    自分の心に言葉がズバズバ入ってくる、という感覚を久々に味わった。

    疲れた時や自分を見失いそうなときのための「心のクスリ」として常に持っておきたい一冊。

  • 2016/09/17Posted by ブクログ

    しみじみ思う。村木さんも「菩薩だなあ」と。

    自分の中に仏様はいる

    と、酒井師は言う。その通りだと思う。

  • ネタバレ
    2015/03/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード